感情的な問題が起きやすい、職場

物事の捉え方と言うものは当事者か否かによって違うが、人によって感じる事も違うので自分の価値観で物事を図る事はとても危険である。自分の価値観で安易に人の問題に入ってしまう事で自分に火の粉が飛んでくる事があるだけでなく、気付けば自分が当事者として一人で苦労をしなくてはならない事が出てこないとも限らない。女性は特に人の問題に入り込む人が多いとされている。これは、医学的な見解から女性は他者の痛みを自分の痛みと感じる事ができると言った、共感能力が高いからである。
看護師は女性が多い職場のため、どうしても感情的な問題が発生する傾向が多い。最初は実務的な問題が発端にあっても、そこに感情が入る事で面倒な問題になってしまうのだ。そのため、感情がこじれる前に解決するが大切となる。特に看護師が働く事の多い医療機関は、最も感情に左右されてはならない職場だと言えるだろう。そこでいかに早く対応するか、対処するかと言う事が重要になってくる。早く対応する事で、苦労が最小限に抑えられるケースも少なくない。
できるだけ感情的にならないよう、客観的に物事を捉える姿勢が大切だ。その中で、温かい対応が必要な時と冷静な対応が必要な時があるため、少し離れた場所から観察する余裕も必要になってくるかもしれない。看護師が働く職場における苦労は、やがて自分の力にもなるものだ。将来の目標として管理職などを考えている場合には、特に対応に慣れておかなくてはいけない事だと言えるだろう。

肉体的にも精神的にも苦労が多い看護師の職場。