苦労の1つとして挙げられる、夜勤

病床数が多い大規模な病院では、看護師の夜勤を必須条件として挙げる職場が多く見られる。看護師の仕事は生身の人間を相手にするので当然失敗は許されず、勤務中は常に緊張状態が続いていると言えるだろう。しかし、看護師も人間なので、アクシデントに至らなくてもヒヤリハットやインシデントなど、精神的に落ち込むようなミスをして怒られる事もある。
しっかりとした睡眠時間を確保して仕事に臨める環境であるならば精神的にも少しは楽であるが、3交代制のスケジュールを組んでいる病院なら、日勤が終わった後に夜勤があるケースもある。もちろん、そんな場合は仮眠時間が設けられているのが普通であるが、急患や入院患者の急変などに対応するため呼び出される事も良くあり、おちおち眠っていられないと言うのが現状のようである。また、比較的落ち着いた病棟の夜勤でも、認知症の患者がいる場合は夜中になると徘徊が始まったりして仮眠の時間を削り取られていくのである。当然、夜は誰もが眠くなる時間帯であるため睡魔との闘いになるだろう。
このように、夜勤時には眠たくなるがなかなか眠れないと言う点が大きなストレスになったり、昼と夜が逆転して夜勤明けの日は体調が思わしくないと訴える人も少なくないのである。労働基準法と言うものがあるが、これはあくまで目標であり守られて当然のものではないと言う暗黙の了解があるようだ。このような理由から、夜勤に対して苦労している人が多く、退職や転職の大きな理由となっている。
もちろん、夜勤だけではなくさまざまな苦労はあるはずだ。思わず頷いてしまうような看護師の苦労が”http://strugglenurses.com”にいくつか紹介されており、このサイトで苦労を解決するための糸口を見付けられるかもしれない。

肉体的にも精神的にも苦労が多い看護師の職場。